東九条マダン実行委員会のお知らせ

東九条マダン実行委員会のお知らせ

コロナ感染拡大の中、夏本番、皆さんはいかがお過ごしですか?
今年も東九条マダン通常開催は、かなり厳しい状況にあります。
それでも、マダンの灯を消さないように、どんな時でも東九条マダンが存在するために、みなさんと共に、今年のマダンについて具体的に話し合いたいと思います。

今回も、拠点型ハイブリッドzoom会議とします。
zoom参加の方は、各班チーフ、及びマダン実行委員会のメールでご連絡ください。 zoomアドレスをお知らせします。
拠点参加の方は、検温、マスク着用、消毒の方をお願いします

日時:  2021年8月6日(金)19時〜20時30分

拠点: 京都市地域・多文化交流ネットワークサロン

2021年度 東九条マダン始動式のご案内

2021年度 東九条マダン始動式のご案内

日時:2021年7月11日(日)15時より16時半
拠点:東九条

今年のマダンはどうなるんだろう?と気になっておられる事かと想像します。
みなさんと共に、議論し、東九条マダンの歴史を一歩でも半歩でも進めていきたいと思います。

今年の始動式は、昨年同様、ハイブリッド方式で行います。
拠点では、検温、消毒、マスク着用、名簿作成他、会場のルールに沿った感染対策を行います。体調の悪い方は拠点参加をお控えください。
拠点、zoomともに、事前の人数把握が必要ですので、参加希望の方は、メールでご連絡ください

東九条マダン’20 閉幕しました

2020年11月22日をもちまして、
東九条マダン’20は終了いたしました。

WEBマダンのご視聴やメールでのご感想、展示へのご来場など
みなさま誠にありがとうございます。また、ぬり絵企画も、
とてもたくさんの作品が集まり、展示会場を賑わせました。
お寄せくださった多くの方々に感謝申し上げます。

ことしは例年とは全くことなる形になりましたが、
こうして開催をすることができたのも、皆さまの応援・ご支援のおかげです。今回の開催で得たもの・貯えたものをぜひ次回につなげていきたいと思います。

最後になりましたが、カンパを頂戴した多くの方々にも
実行委員一同感謝申し上げます。

展示、公開しています

 
例年マダンの会場を彩る展示が、「東九条マダン’20」期間中に京都市地域・多文化交流ネットワークサロン(京都市南区東九条東岩本町)に設置されています。入り口で出迎えてくれるのはサジャ(獅子)、玄関には多くの人が色を入れた塗り絵が飾られています。南口玄関には、劇や歌などのWEBマダン公開映像を視聴できるスペースもあります。また会場の各所に美術班の意匠が凝らされています。「東九条マダン’20」の期間は22日までです。どうぞ会場まで足をお運びください。
 
◆展示参加団体
・東九条マダン実行委員会:「車いすユーザー視点から見た東九条バリアフリーチェック」
・タル展示 with 美術班
・関西クィア映画祭
・京都市立洛友中学校夜間部
・崇仁発信実行委員会
・ハンセン病問題パネル展
・京都府教育委員会認定学びの森フリースクール
・凌風学園コリアみんぞく教室
・京都ダルク
 
◆会場:京都市地域・多文化交流ネットワークサロン
 
JR京都駅・市営地下鉄京都駅八条口より、徒歩15分
市営地下鉄九条駅より、徒歩15分
 
◆展示期間・時間:11月4日(水)~11月22日(日)
 月・火・水・土、第2・第4日曜日:10時~17時
 木・金:10時~20時30分

「東九条マダン’20」がはじまりました!

 

11月3日、「東九条マダン’20」のオープニング行事を、東九条に生まれた劇場・TEATRE E9 KYOTO(シアターE9)の力をおかりして、オンライン視聴会という形で開催しました。
サジャチュムが開会を告げ、具明徳・実行委員長の挨拶を皮切りに、サムルノリの演奏後、この間準備した動画の数々を実行委員会のメンバーが視聴しました。
11月4日からオンラインでの動画配信と、京都市地域・多文化交流ネットワークサロン(京都市南区東九条東岩本町)での展示を行います。今年は晴れやかな秋空の下というわけにはいきませんでしたが、多くの人たちの力を結集してこのような形で開催することができました。塗り絵企画も随時、募集中です。
青い空、小さな広場を例年とは別の形で皆さんと一緒に作りたいと思います。どうぞご視聴・参加ください。

展示期間時間は、11月4日(水)~11月22日(日)
月・火・水・土、第2・第4日曜日:10時~17時
木・金:10時~20時30分

いこか つくろか みんなのマダン